不動産売却について

選べる2つの売却方法

仲介で売却を詳しく

仲介で売却

お客様が売却されたい不動産を、弊社が売買の取引事例価格を基準として、価格査定を提示します。 査定額はあくまでも売出し価格なので、成約価格ではありません。 売却まで時間がかかることがありますが、買取に比べて高く売却できる可能性があります。 インターネット広告・チラシ・雑誌掲載など幅広く情報を公開して、購入希望者を探します。
メリット
  • 買取に比べ高く売却出来る場合が多い
  • 住居の場合、住みながら売却できる
買取で売却を詳しく

買取で売却

お客様が売却されたい不動産を、弊社が直接買取りいたします。 あいだに仲介業者がいないため、売却完了までの待ち時間も大幅減。 査定額にご満足頂けた場合、すぐに売買が成立します。  仲介料などの余計な費用もいらず、早い段階で次のステップへお進みいただけます。
メリット
  • 売却に時間がかからない  (広告・販売期間が不要)
  • 売却することを近隣住民に知られない
  • 買主の様々な条件に対応しないで済む
  • 「売れない」というリスクが無い
  • 仲介手数料の負担が無い(売買代金3%+6万)×消費税
  • 売却後の面倒な保証や瑕疵担保が不要

任意売却について

住宅ローンの返済でお困りの方へ 不動産任意売却をお勧めします。
任意売却とは、住宅ローンなどの融資を受けている人と各金融機関との合意に基づいて、融資の返済が困難になった不動産を処分する手続きです。
不動産を購入した後、収入が減ったなどの理由で住宅ローンの返済が困難になってしまい、返済ができなくなると債権者から競売の申し立てをされてしまいます。
競売の場合、売買価格が一般市場価格の6割から8割程度になることが多く、売却代金での債権者への支払いが不足した場合はせっかく購入した不動産を処分したのにもかかわらず、多額の残債務(借金)が残ってしまいます。

少しでも高額にて売却できれば、債権者へより多くの返済が出来ます。
そこで、いずれは競売される不動産を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に近い価格で売却を試みるのが不動産任意売却です。

任意売却により、少しでも市場価格の高い金額で売却を実施し、残債務を減らしましょう。
競売よりも、あなたにとって有利な任意売却を検討するべきです。
お気軽にご相談ください。

メリット

任意売却のメリット

  • 費用の持ち出しがない。
  • 競売による処分より、高額にて売却できる。
  • 近隣に分からないように内密に売却できる。
  • 売却後、残債務が残った場合、柔軟な返済処理ができる。
  • 引越し費用等を手当てしてもらえることがある。
  • 差押、競売開始となっても任意売却に切り替えができる。
お気軽にご相談ください

任意売却の流れ

受付
状況の分析・調査・債務・返済状況の調査をします。
販売価格の調査の上、販売可能な価格を提示します。
業務委託契約・専任媒介契約

債権者との交渉開始
販売活動:販売価格を決定後、買主を探します。
債権者の合意:抵当権の解除と差押の取り下げの交渉をします。

売買契約の成立
お問い合わせはこちらから
住マイル不動産    〒830-0416 福岡県三潴郡大木町大字八町牟田280番地   TEL:0944-32-1188 FAX:0944-32-1313